バッチフラワーレメデーと重ね煮のコラボ体験してきました!

Pocket

先日、「重ね煮&バッチフラワーのコラボワークショップ~
『私が元気になれる時間』 Café Runway(横浜市都筑区)

http://cafe-runway.yokohama/index.html

 

に行ってきました。

 

「重ね煮ってなに?

ロールキャベツみたいなの?」

 

バッチフラワーレメディーでいつもお世話になっている島田尚子さんが

時々FBで伝えていたようだったのですが、

よくわからないまま 時間だけが過ぎてしまっていたのです。

 

島田さん曰く、食の「底力」「豊さ」に改めて気づかせてくれるというので、

きっとバッチフラワーレメディーと共通点が多いのだろうと思い、

初めて体験してまいりました!

 

 

 

バッチフラワーレメデーとは?

 

 

バッチフラワーレメディ

http://www.bachflower.gr.jp/bfr/bfr_top.html

は、1930年代にイギリスの医師エドワード・バッチによって開発された

心や身体のバランスを取り戻すための自然療法です。

 

38種類の花のエッセンスを使って

穏やかに本来の自分を取り戻す植物療法のようです。

誰もが日常生活で感じる不安・苛立ち・頑張り過ぎるなど

様々な感情面のストレスを整えてくれるもので、

赤ちゃんからご高齢の方まで、誰でも安心して使うことができるのです。

 

私はかれこれ、4~5回セッションを受けて調合していただいているのですが、

今回またお願いしました。

 

個人セッションの後、調合していただくのですが、

本当に奥が深いセッションなのです。

(島田さんはレメディを愛用してもう18年になるそうなのですが、
義理のお父様もご主人もみないろいろレメディの恩恵を受けているようです。

それで、一番相応しいレメディを7つ選ぶお手伝いをしてくださるのですが、
いろいろな例を挙げて、細やかで奥の深いカウンセリングをしてくださるのです!
本当に脱帽です!)

 

 

バッチフラワーレメデーの指標となる感情には、

 

*恐れと不安

*現実に無関心

*淋しさと孤独

*人や周囲に敏感過ぎる

*失意と絶望

*内心の不確かさと不安定

*他人のことに関心を持ちすぎる

 

といくつか挙げられます。

 

例えば、「恐れと不安」

という感情は、よくありがちな感情であると思うのですが、

 

そこをよく掘り下げてみると、

なにかよくわからないけれど、胸の辺りがざわざわする不安の感情だったり、

自信がないことによる不安だったり、

イヤと言えない、恐れだったり・・・。

 

「現実に無関心」とは、

過去のトラウマや後悔や懺悔などでいっぱいになり、

過去や未来にばかり想いが行ってしまい、

現実を生きることができない・・・など。

 

 

ひとつの感情を深くほりさげてみることは、

それが「いい」とか「悪い」とかではなく、

そういう「感情」がそこにあるだけ。

 

・・・なのですが、そこがなかなか辛いところなので、

お花たちがちゃんとサポートしてくれるというわけなのです。

 

それぞれに相応しいお花の成分がちゃんとある

・・・って、なんて豊かに贅沢に生かして頂いているのでしょう!

 

 

ところで、今月のテーマは、

「ストレスをなくす」ということをテーマにしたコラボ!

 

新学期や新入学、新しい職場など

環境の変化や季節の変化で、ストレスを受けやすい季節。

 

この日の参加者の多くが「イライラ」の感情が多いとのことでしたが、

 

バッチフラワーレメデーは、

相手にイライラを感じた時も、相手をどうこうするのではなく、

自分のどの部分が、イライラを感じるのか?

を診ていって、調合してくれるので、

自分が変わることで、相手がすっかり変わってしまうようです。

 

私もこれまで、何度か摂取したことで、

 

例えば、メールを送信するときに、何度も読み返す癖があったのですが、

返信が例え、遅くても特に気にならなくなったり・・・

 

トラウマと思っていたことや

後悔や懺悔の感情が少しずつ消えていったり・・・

 

少しずつ変化が見られるようになりました。

 

 

1日4滴、4回以上摂取するのですが、

まるで、体重や歩いた歩数をちょっと気にするように、

 

自分の「感情」を

ちょっと自分と離して、

客観的に見つめられるようになってきたように感じます。

 

重ね煮ごはんとは?

 

 

重ね煮は、野菜の力をパーフェクトに引き出す調理法のようで、

食べるだけで体の中に野菜の力が循環し、ぽかぽかして

こころもほっこりするお料理法のようです。

 

まず驚いたのは、

人参やゴボウや硬い野菜は、早く火が通るように、

鍋の一番下に敷きがちですが、

重ね煮の考え方は、そこではないんです!

 

上に向かう力の野菜を下に、

下に向かう力の野菜を上に並べて、

塩を上下に振り、ことこと煮ることで

野菜自体から出る水分の対流により、

野菜が調和し、自然の旨味が身体を元気にしてくれるそうなのです。

 

 

*皮をむかない

*アクを抜かない

*水を加えない

 

のも、野菜の旨味を最大限に引き出す方法、というのも、

驚きですよね!

 

 

それから、島田さんが重ね煮のファンになったのも、

深い呼吸がしっかりできるようになったそうなのです!

 

もともと呼吸が浅かった島田さん。

あまりの変化に驚いてすっかりファンになったそうなのです!

 

 

最近、テレビでも「呼吸法」について

よく聞きますが

 

今、深い呼吸が出来ない人が多いようです。

 

 

 

深い呼吸をすることにより、

体温も上がり、栄養が身体中にいきわたり、免疫力も上がったり、

ストレスをなくしてくれて、病気になりにくくなるそうです。

 

 

ところで、

今回のお料理は

〈重ね煮〉

*トマトとセロリと玉ねぎ(ストレスにいいセロリ)

*かぼちゃと玉ねぎ(かぼちゃのカロテンで抗酸化)

 

*重ね煮をアレンジした、豚しゃぶサラダ

 

*重ね煮をアレンジした、かぼちゃのグラタン

 

をいただきました!

 

調味料も塩しか使っていないとは全く思えない!

 

一般的に食事療法とか病院の食事とかは、薄味過ぎて

美味しくないと言いますが、全く違うので、びっくりです!

 

 

 

食べたもので身体は作られていると言いますが、

食材の本来の味と力が、

本来持っている人間の「氣」の力を

引き出してくれたように感じました!

 

 

偏食が多い方や

アトピーやアレルギーに悩む方や

ダイエットしたい方や

生活習慣病など・・・

 

いろいろ期待できそうです!

 

 

 

まとめ

 

バッチフラワーレメデーも

重ね煮も、

 

「生き物」が本来持っている力を

ちゃんと引き出してくれるように感じます。

 

薬や病院を真っ向から否定するわけではないですが、

ちゃんと用意されている自然の力を信頼して

共存して生きていきたいものですね!

 

機会を見つけて、もっと勉強したいと思いました。

 

因みに、来月は5月24日(木曜日)のようです!

 

投稿者プロフィール

MOTHERS NET
MOTHERS NET
*個性豊かな4人の子どもと夫と、ステップファミリーを愉しみながら、
なりたい自分にチャレンジする中年女性。

離婚、子連れ再婚や中学受験、いじめ問題、不登校、両親の死などの経験を通して、
母親支援のNPO MOTHER’S NET設立や起業など、いろいろ経験。

*夢は、子どもたちの地球へのメッセージとともに、ママだって、いくつになったって、失敗もさまざまな経験も、真摯に赦し、なりたい自分にチャレンジすること。

そして、そんな仲間と人生を愉快に心豊かに分かち合うこと!

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です