表現する子としない子

Pocket

息子がまだ小学生の頃、

夏休みが終わった後の保護者会で

息子の友達のお母さんが言っていた言葉が

今でも心に残っています。

 

 

 

そのお友達は、成績がよく、大人しめで、優しいお子さんでした。

弟がひとりいました。

 

 

 

夏休みに飼っていたカブトムシが死んでしまったとき、

弟は大泣きしていたのに、

お兄ちゃんの方は、あまり表情を見せずにいたというのです。

 

 

その様子をお母さんがじっと見ていたとき、

最初はなんて冷たい子なのか・・・と思ってしまったというのです。

でも、しばらくすると、

瞳に堪えきれない涙をためていたのを見た途端、

「親はつい気持ちを表現する子の方に

関心が行ってしまったり

気持ちが動いてしまいがちだけれど、

 

カブトムシが死んで泣いている弟の傍らで

じっと堪えている長男の様子を見ていたら、

今までも長男の気持ちを察することが出来ないで

いたことがあったかもしれない」

と深く反省させられた・・・というのでした。

 

 

すてきなお母さんだな~と思いました。

 

 

一見、とてもたわいもないことなのですが、

実は、結構大事なことだと思うのです。

 

 

「表現出来る子」 と 「表現出来ない子

 

ではなくて、

 

 

「表現する子」 と 「表現しない子

 

の違いだけなのだと思うのです。

 

 

「甘えられる人」 と 「甘えられない人」

 

という、言われ方もしますが、

 

それも

 

「甘える人」 と  「甘えない人」

 

 

という違いだけ。

 

 

気持ちを表現したり、

甘えることが出来る方が

確かに人に伝わりやすいし、

可愛げがあるかもしれません。

その方がきっと得するでしょう。

 

 

 

かつて私もよく親や親戚に

「愛嬌がない」とか

「女の子なのに、可愛げがない」とか

「何を考えているのかよく解らない」とか

 

言われて続けました。

 

その方が人間関係が潤滑になるし、

得するから・・・と心配してくれていたのかもしれません。

 

でも、そう言われると余計、萎縮してしまって

何にも言えなくなってしまうのです。

言葉を発することすら怖くなってしまうのです。

 

 

表現しなくても、

実はふかーく ふかーく、思っていたかもしれない。

 

 

表現したくなったら、きっとするでしょう・・・。

 

 

 

その人しかそれはわからないことです・・・。

 

 

例え、それが我が子であっても、

自分でない人はみな他人です。

 

我が子だからといって、

勝手に思い込んで決めつけてしまうのは、

とても危険です。

 

 

我が子であっても、他人。

 

他人の気持ちは100%解っていない・・・

 

ということを解っていたいものだなあ~と

 

ふと、そんな出来事を思い出したのでした(笑)

 

 

 

投稿者プロフィール

MOTHERS NET
MOTHERS NET
*個性豊かな4人の子どもと夫と、ステップファミリーを愉しみながら、
なりたい自分にチャレンジする中年女性。

離婚、子連れ再婚や中学受験、いじめ問題、不登校、両親の死などの経験を通して、
母親支援のNPO MOTHER’S NET設立や起業など、いろいろ経験。

*夢は、子どもたちの地球へのメッセージとともに、ママだって、いくつになったって、失敗もさまざまな経験も、真摯に赦し、なりたい自分にチャレンジすること。

そして、そんな仲間と人生を愉快に心豊かに分かち合うこと!

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です