「本当にやりたいことで稼いでいきたい」という想いを否定するもの(終わり)

Pocket

「本当にやりたいことで稼いでいきたい」という想いを否定するもの(1)

に書いた、

 

それは子ども時分の育てられ方だったり、

親から浴びた言葉だったり、

高度成長期という時代だったり、

その時、その時の、人生劇場で繰り広げられていた

大人たちの会話や態度だったり、

バブルの頃に、私のシングルマザー時代があったことだったり、

 

 

について改めて考える。。

 

つまり、お金を得たい想いと

お金に対する否定的な想いが表裏一体に在るがために、

お金に振り回されている自分。

 

そして、それを得るに値する能力や価値がないという

自己肯定感の低さを

潜在的な部分で感じる。

 

 

 

昔 読んだ、『夢をかなえるゾウ』にもあった、

 

〈・・・今まで僕は何度も何度も、変わろうと決心してきた。

目標を決めて毎日必ず実行しようと思ったり、

仕事が終わって家に帰ってきてからも勉強しようとするのだけど、

でもだめだった。・・・〉

 

のあたり・・・も同じ。

 

つまり、

何か資格や勉強をすることによって、

その上塗りをしていたにすぎないように思う。

 

 

それは「頑張ることをやめる勇気」を持つ必要があるようにも思った。

 

以前、

栄養ドリンクのリゲインのCMは

「24時間闘えますか?」というセリフだったし、

 

それからSMAPの「がんばりましょう」が流行った

25年くらい前、

長女がまだ小学校1年生くらいの頃、

「努力と根性」というあの歌にもあるように、

子どもたちが育った時代もやっぱり、

「努力と根性」が必要とされていた。

 

その後、ゆとり教育とか、その廃止とか・・・

いろいろ世の中変わっていったけれど、

 

 

 

でも、本当に頑張ったらいいことあるのかな?

お金は大変な想いをして稼ぐものなのかな?

 

 

お金が軸にあると、結局それに翻弄されてしまう。

お金は自分の自己実現のための単なる「道具」であって、

その前にまず、自分の「いのち」を何のために、

注いで生きていくか?

 

お金はエネルギーとよく聞くけれど、

何か寝食忘れるほど、没頭するようなことや

何だかよくわからないけど、

心が一番満たされること・・・。

それをしている時の自分が

たとえ自己満足であったとしても・・・

心の声に正直に生きる・・・って

まずやっぱりそこなのかな?と思ったりする。

 

 

頑張ることを止める勇気を持ちたい。

 

 

そもそも、なんで私は頑張ってばかりいるのだろう。

頑張ることをなぜ止めれないのだろう。

 

そこそこ仕事は出来る。

そつなく こなせる。

 

でも、だから、出来ちゃうことに、しがみついているのであろうか・・・。

人様からの評価を恐れているのだろうか?

私が頑張らないと誰かが困るのだろうか?

 

 

 

朝、仕事場につくと顔だけ熱くなり、耳まで真っ赤になり、

手のひらに沢山の汗をかき、動悸がして、

トイレに駆け込む。

 

 

身体が知らせてくれる信号なのだろうか?

 

でも、みんなだったら、普通もっと頑張るのかな?

私は根性が足りないのかな?

だとしたら、みんなのように頑張らなくちゃ

このままじゃ打たれ弱くて、情けない人間になっちゃうのかな?

どうなんだろう・・・?

 

って頭の中がぐるぐるする・・・。

もう少し、心の声に耳を澄ましてみようと思う。

 

 

投稿者プロフィール

MOTHERS NET
MOTHERS NET
*個性豊かな4人の子どもと夫と、ステップファミリーを愉しみながら、
なりたい自分にチャレンジする中年女性。

離婚、子連れ再婚や中学受験、いじめ問題、不登校、両親の死などの経験を通して、
母親支援のNPO MOTHER’S NET設立や起業など、いろいろ経験。

*夢は、子どもたちの地球へのメッセージとともに、ママだって、いくつになったって、失敗もさまざまな経験も、真摯に赦し、なりたい自分にチャレンジすること。

そして、そんな仲間と人生を愉快に心豊かに分かち合うこと!

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です