「本当にやりたいことで稼いでいきたい」という想いを否定するもの(1)

Pocket

まだまだ心の整理が必要になるときがあって、

先日、明美ちゃんこと岡部明美さんのカウンセリングを受けに行った。

 

最近、仕事が本当にハードで

このまま私は今の仕事をし続けていくのだろうか?

なんて、遠巻きに自分を見ている「私」がいて、

そんな「私」からの心の囁きが

徐々に徐々に聞こえてきたからだ。

 

 

 

早稲田にある、明美ちゃんのカウンセリングルームに訪れた私は

最初は自分が本当は何がしたいのか?

というようなコーチング的なセッションを受けようとしていた。

 

ところが、とんでもない・・・

もっと私の心の深い部分へと入っていった。

 

 

仕事というお金に纏わることは、

一見、物質的な感じがするが、

実はとても心の深い部分へと誘ってくれる。

 

それは私が闇と思う部分だったり、恥部だったり、

本当に枝分かれした心の根っこへと深く深く・・・。

 

 

 

そして、その潜在意識レベルにあるものが整理されない限り、

私がどんなに顕在意識で色々考えてみても、

単なる上辺だけのものだということが

明美ちゃんのセッションを通して、

切り分けながら整理されていった。

 

まず、私がこれまで魂が震えるほど、感動した出来事や

それに関わる人達の共通点について聞かれた。

 

それは、以前「思考は現実化する」というタイトルで書いた

自分の両親が亡くなった後、

池川明先生や村上和雄先生との出会いそのもの・・・。

 

そしてその共通するメッセージは

「いのち」だった。

 

何故か、涙が溢れた。

 

 

その後、明美ちゃんが私に放つ「ある言葉」が

私の奥深い部分の琴線に触れ、

そのざわめき感を通して、

 

私の「本当にやりたいことで稼いでいきたい」

という想いを

 

実力がないから・・・とか

素質がないから・・・という

否定的な想いにしているもの、

はいったいなに??

 

と深く掘り下げていくのだ。

 

 

それは子ども時分の育てられ方だったり、

親から浴びた言葉だったり、

高度成長期という時代だったり、

その時、その時の、人生劇場で繰り広げられていた

大人たちの会話や態度だったり、

バブルの頃に、私のシングルマザー時代があったことだったり、

 

さまざまな要素によって

私の「お金」に対するイメージや

「お金を稼ぐ」というイメージが

勝手に作られてしまっていた事がわかった。

 

そしてそれと同時に、

「私は自分が本当にやりたいことで

お金を受け取るに値する人間ではない」

というような

自己否定感が染み込んでしまっていたのも

感じ入っていった。

 

この続きはまた今度・・・。

 

 

投稿者プロフィール

MOTHERS NET
MOTHERS NET
*個性豊かな4人の子どもと夫と、ステップファミリーを愉しみながら、
なりたい自分にチャレンジする中年女性。

離婚、子連れ再婚や中学受験、いじめ問題、不登校、両親の死などの経験を通して、
母親支援のNPO MOTHER’S NET設立や起業など、いろいろ経験。

*夢は、子どもたちの地球へのメッセージとともに、ママだって、いくつになったって、失敗もさまざまな経験も、真摯に赦し、なりたい自分にチャレンジすること。

そして、そんな仲間と人生を愉快に心豊かに分かち合うこと!

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です