ブランクのある主婦な社会で通用しないのか?

Pocket

ここ数年、少子高齢化が急速に進んでいるらしいし、企業の47%が人手不足だそうだ。

行きつけのスーパーやパン屋さんで働いている年齢層も段々高齢になってきた。

今は健康でありさえすれば、年齢なんてあまり関係ないようだ。

同僚の67歳の女性も

「働けるうちに働いておきたいし、主人と二人で家で顔を突き合わせていても仕方ないしね~。」と笑っていた。

少し腰が曲がっていても、ほんとに元気だ。

 

その昔、主婦はみな子育てするものと決められていたし、

「男子厨房に入らず」(←本当は国を治めるべき君主が、調理をするために動物を殺す厨房に入って忍びない気持ちにならないように、という意味のようですが)

とも言われていたくらい、男性と女性の役割は決まっていた。

 

性別によって元々持ち合わせた得意不得意もあるから、

社会でもその特質や個性を上手に活かせばいいのだと思うけれど、

でも、主婦業や子育てをしていた人が社会に出た時に全く通用しない?と言えば、そうでもないように思う。

 

 

ブランクがあった場合、どうしてもコピー機の使い方やPCの使い方などのスキル的なハンディはあっても、

意外と臨機応変に仕事をこなせるように思うのだ。

大体、主婦は台所仕事をしながら、テレビも聞こえるし、お風呂の水の溜まり具合も分かる。

 

また、メンタル面でも人の失敗や上司の一言にいちいち腹をたてたりはしない。

(まあ、人にもよるけどね )

でもそこそこ許容量が大きいように感じるのも、

「思うようにはいかない子育て」のおかげなのではないかと思ったりする。

 

そんな能力を持ち合わせている主婦を社会が使わないのはもったいない話だ。

 

 

一時流行った「ウーマンリブ」なんて言葉が廃れたのも、

ちゃんと社会で働けているママがそこにいるということの証のような気がする。

 

 

投稿者プロフィール

MOTHERS NET
MOTHERS NET
*個性豊かな4人の子どもと夫と、ステップファミリーを愉しみながら、
なりたい自分にチャレンジする中年女性。

離婚、子連れ再婚や中学受験、いじめ問題、不登校、両親の死などの経験を通して、
母親支援のNPO MOTHER’S NET設立や起業など、いろいろ経験。

*夢は、子どもたちの地球へのメッセージとともに、ママだって、いくつになったって、失敗もさまざまな経験も、真摯に赦し、なりたい自分にチャレンジすること。

そして、そんな仲間と人生を愉快に心豊かに分かち合うこと!

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です