常識

Pocket

帰り道、トボトボ歩道橋を歩く時、

やはり肩をうなだれて疲れていそうなサラリーマンをたくさん見かける。

 

「今日も1日ご苦労さん!」

 

・・・でもなんで、こんなに日本人って働いてばかりなんだろう・・・。

 

朝は携帯片手に、満員電車に揺られ、

帰りも、満員電車に揺られて、ぐったり疲れて帰る。

その間(拘束時間)大抵、10時間以上。

 

生きていくために働くのに、拘束されてしまう時間が

あまりにも、長すぎないだろうか。

 

一日の約半分が拘束されてしまい、その残りの7~8時間が睡眠時間だとしたら、

食事や風呂に入る時間を含めても、自由な余暇の時間は5時間程度。

 

・・・とすると、逆に仕事に費やしている、拘束されている時間は、

つまり、人生の約2分の1くらいになってしまうのだ。

 

夕陽の色も、花の色も、風の香りも、少しずつ少しずつ変わっているのに、

全く目に入らず、ただただ業務を行っているだけなのはおかしくないだろうか。

 

「なんでそんなに働くの~?」

と、バックパッカーで旅をしていた娘夫婦の帰国後の、

第一声だったように思うが、

すべてが当たり前のようになっていたようだ。

 

子供の頃、当たり前のように、ランドセルを背負い、

完全食だといっていた、牛乳を鼻を摘んでのみ、

当たり前のように、仕事をしていたけれど、

 

そのひとつひとつの所謂「常識」と言われたことは、

ことごとく「非常識」になっていた。

 

 

自分軸をしっかり持ち、

本当の自分の声に素直に耳を傾け

その「常識」をもう一度確認したい。

 

 

投稿者プロフィール

MOTHERS NET
MOTHERS NET
*個性豊かな4人の子どもと夫と、ステップファミリーを愉しみながら、
なりたい自分にチャレンジする中年女性。

離婚、子連れ再婚や中学受験、いじめ問題、不登校、両親の死などの経験を通して、
母親支援のNPO MOTHER’S NET設立や起業など、いろいろ経験。

*夢は、子どもたちの地球へのメッセージとともに、ママだって、いくつになったって、失敗もさまざまな経験も、真摯に赦し、なりたい自分にチャレンジすること。

そして、そんな仲間と人生を愉快に心豊かに分かち合うこと!

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です