自分の感情を俯瞰して観る

Pocket

出かける車中で男の子3人を連れていた家族がいました。

一番上のお兄ちゃんが小学校2年生くらい

二番目のお兄ちゃんが幼稚園生くらい。

三番目の子が3歳位だったでしょうか。

 

一番下のお子さんは何やらピーピー泣いていて

ママは怒鳴っているし、何やら大騒ぎでした。

 

 

疲れきったママの表情を見ていたら、

ただ一点を見つめていて、

 

「なんでこんなに、言うことを聞いてくれないんだろう。

旦那はなんでもっと協力してくれないんだろう。

もっと子育てって楽だと思っていたのに・・・。

私の人生いつまで、こんな状態が続くのだろうか・・・。」

 

まるでそんなセリフが聞こえてくるようでした。

 

私も同じ経験があるから、

そんな風に見て取れるんですね。

 

 

つい、怒ってしまうと、余計に泣かせてしまったりして、

疲れは倍増です。

おまけに、起こってしまった後は、

自己嫌悪までついてくる。

「お母さんは家の中で、太陽のような存在でいなくちゃ」とか、

「いつも笑顔で!」

 

そんなの耳にタコが出来るくらい聴いてる。

そんなの解りきっていますよね。

 

笑顔になりたくたって、

こんなに疲れていたら

笑顔なんてなれやしません。

 

そんな時、そんな風に言われたって、

ただの理想論でしかないですよね。

 

 

でもね、

そんな時、

 

自分は怒ってるんだ。

辛いんだ。

 

って、感情を味わい切ってみるといいみたいです。

そして充分味わいきったら、

自分を俯瞰して見てみるといいみたいです。

 

そうすると、自分の身体にこびりついた

「感情」くんが、自然と離れていくのが

手に取るように解る瞬間があるんです。

 

 

それはどんなときでも、

案外有効です。

 

例えば、悲しみに明け暮れた時。

例えば、嫉妬心がでた時。

例えば、寂しくて仕方なくなった時。

 

 

すべての「感情」という「感情」は、

それ本来が自分ではないので、

味わい切った時に、自然と身体から離れていくのです。

 

 

例えば、化粧をした自分は、そのものは、

自分のありのままの姿ではないですよね?

 

「感情」も

化粧したその「化粧」の部分と同じ。

 

自分のありのままのものではないので、

感じきったら、

そのまま消えてなくなっていきます。

 

一度試しにやってみてくださいね。

 

そうやって落ち着いてみると、

子どもが「やった行為」に腹を立てただけであって、

「子ども自身」に対して、

憎くて腹を立てたわけでも何でもなかったことがわかり、

 

自己嫌悪に陥ったり、

負のスパイラルに陥ったりしなくなりますから・・・。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

MOTHERS NET
MOTHERS NET
*個性豊かな4人の子どもと夫と、ステップファミリーを愉しみながら、
なりたい自分にチャレンジする中年女性。

離婚、子連れ再婚や中学受験、いじめ問題、不登校、両親の死などの経験を通して、
母親支援のNPO MOTHER’S NET設立や起業など、いろいろ経験。

*夢は、子どもたちの地球へのメッセージとともに、ママだって、いくつになったって、失敗もさまざまな経験も、真摯に赦し、なりたい自分にチャレンジすること。

そして、そんな仲間と人生を愉快に心豊かに分かち合うこと!

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です